スポンサーリンク

中年になって食生活には気を使い始める人は多いと思う。

気が付けば、ちょっとだけ満腹状態にしただけでも、胃もたれ翌日持ち越し状態。
みたいなことは日常的になってきた。

そんな中、最近1日一食なる健康法がまことしやかに騒がれているのをご存知だろうか?

食の楽しみは人生の楽しみの一つでもあるので、この健康法は両手を挙げては賛成できないが、
カッコイイ中年オヤジを作り上げるのにいいものを取り入れない手はない。

関連記事
出来る男の健康管理!30代から気を付けたい3つのこと。

今回は、その1日一食健康法が体に悪いものなのかどうなのか?
その効果やデメリットについて
も調べてみた。

1日一食健康法とは?


1日一食健康法とは、読んで字のごとく、一日に食事を一度しか摂取しないということだ。

大食漢でならしてきた我々には、信じられない話かもしれないが、
そんな我々はすでにヤバいくらいに食べ過ぎなのだ。

朝は、トーストにハムエッグにサラダとヨーグルト、昼には牛丼屋で牛丼大盛りと豚汁を、
夜には丼ぶり山盛りのご飯に、麻婆豆腐と油で揚げた春巻き、
その後は食後に500mlのビール一缶で一日のカロリー摂取をフィニッシュ。

こんな食生活を、当たり前のようにやっている中年は多いだろう。

これを、たった一食にする。というのだ。

考えられるだろうか。

食が唯一無二の救い。な我々に・・・。

たった一つの楽しみである我々に・・・。

しかし、当然だがそんな大きな覚悟のもと行うだけに、
この健康法の効果はかなり絶大であるらしい。

一体どんな効果があるというのか!?

1日一食健康法の効果とは?


1日一食健康法の効果

人生唯一の楽しみを奪われるのだ。

それに見合った効果がなければ、認めるわけにはいかん。

ということで、以下にその効果を列挙してみた。

・ダイエット効果が高い。特に体脂肪が減る。

・睡眠の質が向上する。熟睡できるようになる。

・便秘解消。

・体が疲れにくくなる。

・免疫力アップ。

・アンチエイジング効果。

他にも期待できる効果は色々だが、これだけのものが得られるのであれば、
楽しみを一つ消すくらいの覚悟は持てるかもしれない。

上にあげた効果さえ得れれば、その後のベネフィットは想像に難くない。

そう、我々は結果モテるという、ベネフィットさえ得られれば何だってやる生き物なのだ。

芸能人もやってる?

さて、この1日一食健康法。

ダイエット効果が期待できるのもあって、芸能人でも実践している人はかなり多い。

・ビートたけし

・タモリ

・福山雅治

・GACKT

・京本政樹

・西川貴教

等、一つの特徴として、休みなく働いている人や、
年齢よりも見た目がかなり若いという印象がある。

つい最近も、人気イケメン俳優の高橋一生がそのエピソードを語っていた。
すでに10年間、朝食にバランスのいい食事をとり、
それ以降は食べないという生活を続けているという。

それで、あのスーパーベストなルックスは、まあ頷ける。

彼らのように、日々自分の姿を晒すことが、
日常である人達がやっているのであれば、
その効果も期待できる
のではないだろうか。

1日一食やってはいけない人


1日一食ということは、当然摂取カロリーも抑えられるからこそのダイエット効果であるから、
痩せたいという人にはいいだろう。

それに対して、やってはいけないのは、成長期にある十代の若者や、それ以下の子供達

まあ、このサイト自体中年オヤジを対象としているので、そんな子らに影響はないと思うが、
肉体がまだ成長過程にあったり、食事そのものが体を作る時期には1日一食では足りないだろう。

そもそも腹が減って仕方ないはず。

なので、自分の息子が未だ成長中の方にはその子にススメるのは、やめてもらいたい。

1日一食のデメリットとその危険性


作用があるものには反作用があるように、 style=”color: #ff0000;”>メリットがあるものにもデメリットはつきものだ。

今回の場合、食事の仕方というのが一つの課題になるのだが、
人それぞれおかれる環境や、個人差はある。

体調の良し悪しも加味した上で実践するべきで、
もしもそれを行うことで、体調を崩したり、予期せぬ病気にかかったり、
してしまうのであれば即刻中止すべき。

合う合わないはやってみないとわからない部分もあるので、
少しずつ自分のペースで出来る範囲でというのがベスト。

間違っても、行き過ぎて、いきなり断食などしないように。

もう一つ注意したいのは、ダイエット効果を期待して行うのであれば、
その1日一食を解いた後のリバウンド
は、
かなり怖いものがあるので注意しよう。

まとめ

いかがだろうか。

そもそもが1日三食というのが、当たり前である感覚に対して、
どうしても抵抗があるというところから、
いかにも驚きな健康法のように感じる。

しかし、1日三食というのも江戸中期頃から推奨された、
一つの一般常識に過ぎない。

一般常識というのは、一つ間違えば想像力の欠如にも繋がることがある。

健康やより良いものを得るのに、
色んな方法を実践することは一つの進化。

あなたの生活を進化させるという意味でも、
今回のような1日一食など、取り入れてみてはどうだろうか。

健闘を祈る。

スポンサーリンク