スポンサーリンク

『抽象度』最近この言葉よく聞きますよね。
 
  
多分、認知科学者(??)の苫米地英人さんの本を読んで、『ブラーボ〜』と思ったんではないかと予測されます。
 
 
その方の本にはよくこう書かれています。その『抽象度を上げろ』と。
 
 
抽象の反対は具体だけど、んーよくわからん。
  
 
なんて人も多いはず、今回はその抽象度の意味をはっきりさせてみようなんぞと思います。
 
 
そしてそして、そうすることによって何かいいことがあるのかどうなのか?(ないのか)
 
 
その辺にも迫ってみたいと思います。
 
 
 

それは宇宙へ行けってことなのさ

0320f7f3
 
ところであなたは自分だけ幸せになりたいですか?
 
まあ、そんな人もあまりいないのかもしれませんが。
 
どちらかと言えば、自分一人よりも、恋人と一緒に、家族と一緒に、地域の人々と一緒に、とまあこの辺まで巻き込んで幸せだったらいいなー位は思うかと思います。
 
抽象度を上げるって、これがさらに日本人みんなが、アジア全体が、世界中が、ひいては宇宙全体が、と、どんどん視野を広めていくことを言います。だから、自己チューは抽象度が低いってことになるんですね。良い悪いは別として。
 
そこんとこを踏まえて次へススメ⇒

ボスママに対してママ友が抽象度を上げた話

 
006-9
 
これは僕の妻が聞いたママ友の話ですが、ママ友の中にはご多分に漏れずボスママなる存在が実在するそうです。(あ、ママ友って保育園のお友達のママのことね)
   
そのボスママと妻のママ友は(仮で)仲良くしていまして、それでもやはりボスママの、他のママ達や先生、園児達に対する陰の悪口に、もううんざりしていたそうです。(そんな陰口がボスママたる所以らしいです)
  
いつもいつもそんな話ばかり聞かされるそのママ友はノイローゼ寸前。そこで何か良い手立てはないかと考え、その彼女はボスママの言動に対してこう解釈することを習慣にしたそうです、
 
 
『彼女と語る悪口も陰口も単なる会話に過ぎない。』
 
 
それは、内容が悪口であろうと何であろうと人と人同士が会話するのに何の不自然さもない、単なる日常の出来事。と、このように思うことにしたんだそうです。
 
 
悪口・陰口⇒会話の一部
 
 
それからは、ボスママの陰口にも変に気に病むこともなく、さらっと受け流すことが出来るようになったんだとか。
  
ちっちゃくて日常的な話ですが、こんな感じに『抽象度を上げる』という行為を日常に落とし込んでいくと、その状況状況で違った視点を持つことが出来るようになるんだな~と改めて思いました。

スポンサードリンク



抽象度を上げるとそもそもの目的に行き着く

 
141014_purpose-thumb-640x360-80367
 
もひとつ考えてみましょう。
 
例えばこのブログ。タイトルは『個人再生をした僕が富裕層になるためのメンタルプログラム』ですが、実はコロコロ変わってます。それは、その時その時の僕の個人的状況だったり(見ての通りですが)コンセプトをそのまま題材に持ってきていたり色々ですが、元を正せばこのブログを始めたきっかけが、
 
 
『何か人の役に立ちたい。』
 
 
なんです。(マジで)
 
これは記事を書く時にいつも考えていることです。はっきり言って人に価値を提供する以上は収益化を考慮してますし、根拠のない内容の記事は絶対に書かないし、全ての内容が実体験に基づいています。が、コンセプトとしていること、目的は決してぶれていません。
 
と、このように抽象度を上げると、元あった目的に立ち返ることが出来ます。
 

まとめ

  
 
いかがでしたでしょうか?
 
抽象度を上げるなんて、結構軽く言う人がいますが、そんなわかってない人に言っても全くショウガナイ程にこのワードには深い意味があるのです。
 
宇宙まで行ってしまうとちょっと危うい人になってしまうので要注意ですが、一つのことに本当に悩んでしまった時や、解決したい問題がある時、自分自身を色んな角度から再認識して、人生に於いての本当の目的を思い出す、または思い起こす。抽象度を上げるってそれくらいすごいことなんです。
 
あなたはどんな目的を持って生きていますか?
 
160124cybozu_goal-thumb-640x360-93422

スポンサードリンク




スポンサードリンク



スポンサーリンク