スポンサーリンク

近頃マインドフルネスというのが流行っているらしいのだが、
あなたはご存知だろうか?

何でも、『今ここ』という現実に気がつくことで、
中年男に限らず、現代人の心をストレスに強いものにしてくれる、
ありがたい教えだ。

しかも、一分で実践できる超簡単な方法があるということなので、
今回はそれについて、リサーチしてみたい。

是非、現代社会の生活に疲れたあなたのカオスなマインドに、
役立ててもらいたい。

マインドフルネスをざっと説明すると


マインドフルネスとは『今この瞬間』の自分自身を体感し、それをありのまま受け入れること。

人はストレスを感じたりすると、今ある現実から離れ、そのストレスに対してあることないこと考えてしまい、
立ち止まって身動きが取れなくなってしまう。

そんな、ストレスを客観的に捉え、受け入れることでそれを軽減し、心がみたされるようになる。

と、いうのがマインドフルネスの実態である。

起きた現実を自分でいちいち価値判断することなく、ただただ受け入れる。

そうすることで、人生のあらゆる場面で心を平穏に保ち続ける事が出来るというわけだ。

それはまるで、ブッダの如く。

Googleでもやってる


というか、Googleではこれを最新の脳科学プログラムの研究により社内研修プログラムとして取り入れ。

そのプログラムそのものが世界的にも評価されている。

会社の思惑としては、世界一健康で幸せな会社を作ること。だそう。

これは、世界一健康で幸せな家庭を作ることにもつながるのではないか?
と思うのは私だけだろうか?

そのプログラム開発のきっかけは、仕事で成果が出ても、それがそのまま幸せとは結びつかないという、
幸せへの定義のあり方への追求から来ている。

彼らも、幸せとはなんぞや?
働いて、努力して、社会に貢献してもイマイチピンと来ない。
というジレンマに陥ったのだろう。

それぞれの人々が、それぞれの人生で本当の幸せを追求し続ける

それを体系化したものを、Googleの人達はやっている。
と、こういうわけなのだ。

マインドフルネスのメリット・デメリット


マインドフルネスは、『心を整える』という効果がある。

それによって得られるのは、主にストレスを軽減、若しくはなくすこと
それに付随して、科学的にも証明されたのは、

・心身症の軽減。

・血圧上昇の改善。

・血糖値・コレステロールの改善。

・集中力を高める。

・あらゆるパフォーマンスの向上。

などがあげられる。

逆にデメリットとしては、特にどんな解説やマニュアルにも記述はないが、
敢えてあげるならば、穏やかになりすぎてガツガツとことん追求し、
『オレがやってやる!』
みたいな貪欲さは薄れていくことかもしれない。

そういうのって、必要な時もあるよね・・・。

こんな人にオススメ


心身共に疲労が溜まっている人には是非オススメ

何故なら、肉体的な疲れと、精神的な疲れは相関関係にあるからだ。

どちらかを癒すだけでは、完全に回復できず、その疲れは延々と持ち越されていってしまう。

それをリセットし、さらになるべくフラットな状態を保つ事が出来るように、
今では簡単で、取り組みやすいメソッドも考えられている。

一分で出来るマインドフルネスとは?


これについては、呼吸法を利用した瞑想が最もポピュラーだろう。

1.まず椅子に座って目を閉じる。

(この時、その椅子に座っている自分自身を頭に思い描いて。)

2.背筋を軽くのばして鼻からゆっくり息を吸う。

(背骨が真っすぐになるのをイメージしながら空気が喉を通って肺に入る)

3.そしてゆっくり口から吐く。

(同じように空気が口から出ていくのをイメージ。数を数えると良い)

4.これを1分間繰り返し。

大事なのはイメージをしながら、浮かんでくる雑念や否定的な感情、ありとあらゆる相念を、ほっとくこと。

よいだろうか。

ほっとけ!ということ。

そのままでいいのだ。

そう、そのままにすることがマインドフルネスの本質。

おそらくやり続ければ、1分とは言わず、5分、10分と伸ばしていく自分に気がつくことだろう。

そんな風に、言い方に語弊はあるかもしれないが、
病みつきになってくれば効果はかなり期待できるだろう。

最後に

今回は流すようなリサーチ結果となってしまったが、
今後はこのマインドフルネスに関して、
どんどん深堀、追求していきたいと思っているので、
是非あなたもこれに取り組み、ご意見やご要望などを、頂けるとありがたい。

では、健闘を祈っている。

スポンサーリンク