スポンサーリンク

ところで、あなたは『努力』という言葉についてどのように考えますか?

全てにおいての基本。努力なくしては成功は得られない。

言葉そのものに関しても考え方は様々でしょうが、一般的には努力って美徳であり、その上に目標達成や『成功』の二文字があって当然であるべき。多くの人がそう考えているかと思います。

でも今回はその発想を少し違った角度から見た考え方です。

あなたの日々の努力、見直してみる必要もあるかもしれません。

努力不要という新しい考え方。

努力不要

あなたは今何かしら実現に向けて努力していることってありますか?でも、その努力って努力のための努力になってたりして。

確かに努力は美談でもあるし、その姿勢は尊敬の念すら抱かれることもあると思います。

でも、ちょっと考えてみてください。

最終的に結果の出ない努力ってどうなんだろって思いません?その努力に酔ってしまっていたりして。

そんな最中最近では、努力不要論とういうのが叫ばれてきています。

これは、努力は必ず報われるだとかそういう考え方とは根本的に違うものなんですが。

どういうことかというと、努力というのは見返りを求めるもので、結果何も得られなかった時に人を恨むようになってしまうんだそうです。見返りなどを求めないその物事に、気がついたらのめり込んでいる様な状態

これこそが、理想的だという考え方です。

これって努力なの?

楽しむ

この考え方に近い出来事が最近ありまして、僕の娘の話です。

今年6歳になる娘なんですが、ある日YouTubeで『いろいろ出来るようになったよ』と題して、ウチの子と同じ位の年の子が、体操で走り側転、開脚、アザラシ回転、前回転、立ちブリッジ回転、ブリッジから倒立、ブリッジ歩き、と運動不足の僕からしたら有り得ないコンボをかます動画を発見してしまいました。

その日から始まった練習の日々。

別にやれなんてひっとことも言ってないんですよ。

ただ、ただ、この子みたいに色々出来るようになりたい一心なんだと思います。

『アタシがんばり屋さんだもん!』そう言っていた娘の顔はどう見ても充実して楽しそう。

そしてなんと!始めは一つも形にならなかった一つ一つの技はたった3週間で全てマスターされました。

その驚愕の才能に、『サキちゃん天才!!』と、褒めまくった次第です。

スポンサードリンク



 

努力は美しい?

『アタシがんばり屋さんだもん!』と言ってはいた娘でしたが、そこに報われる努力をしようという意思は全然感じません。

ただ、その真剣さから伝わってくるのはひたすら『あの動画の女の子みたいに出来るようになりたい!』っていう意思でした。

努力ってイメージからすると、悲壮感漂うような自分の身を顧みない捨て身な感じしませんか?

今回の娘の場合『必死で目の色を変える』ってのはあるんですが、感覚的にはその目の奥にある感情はそういうものとは違った印象を受けたんですよね。これは、努力不要論の考え方に一致するところがあるような気がします。

努力をする前にするべきこと

努力3

今回の娘の事になぞらえて僕達がいざ努力をしようという時、結果的に成果が出ない努力は前もって判断するべきだと思うんですよね。

娘は出来るか出来ないかなんて考えちゃあいなかったと思いますが、大人になると『これくらいのことならなんとか実現できる』っていうのは感覚的にわかるじゃないですか?

努力不要論で言われているのはそういうことだと思います。

非現実的な目標を立てる=諦める

に向かっていく流れってほとんどですよね。

これついては、僕の無料レポートプレゼントの『読むだけで継続力が身に付くPDF』でも触れているので是非読んでもらいたいんですが、まず夢はバカでっかいものでもいいと思うんです。そこへ向かって段階的に目標設定していくのに、苦しい努力をする必要あるの?ってこと。

ウチの子がやって見せてくれたように、気がついたら日常のようにブリッジをしてまるで呼吸をするようにそれをやることが自然となっていた。そんな状態を意図的に作ることが大事なんだと思います。

無駄な努力をしないこと

努力2

何をやっても続かないっていう人っていますよね。(メ・ん・)?自分か・・・。

僕もやろうと思ったことは努力の課程で結果が出ないことにもう嫌になってやめてしまうことがほとんどでした。

最初は確かに努力は必ず報われると思いながら始めるんですけど、そこは結果が出ないことがクセになってしまうと、周りの声に簡単に流されたり、新しい情報に気が散ってしまったりと、上手くいかないこと自体が習慣化してしまうんですよね。

だからこそ、努力をするならとにかく実現可能な目標を立てる努力をすることが必要です。

無駄な努力はしないこと。ホントのところはうちの子みたいに脇目も振らずに努力スタートで出来ればいいんですけど、出来ないなら出来るように工夫しましょうってこと。

普通の人が普通のことをやっても、でっかいことは実現出来るんです。

最後に

いかがでしたでしょうか?

努力ってのは出来る人には出来るもので頑張っている人はたくさんいます。

ですが、出来ない人もいる。それでも、結果に結びつくかどうかは別問題。

『努力って気持ちーぞー』なんて言ってる熱い漫画をどっかで見たことあるけど、それは見るだけで十分でしょ?そうでしょ?

現実問題、成果に結びつかないことほど苦しいことはないですよね。

コレを機にあなたも結果を出すための努力はじめてみませんか。

スポンサードリンク



 

スポンサードリンク



 

スポンサーリンク