スポンサーリンク

『ドーパミン』それはやる気を出すための脳内物質。
 
 
今している行動が何であれ楽しくなる、そんな作用があります。
 
 
それを、意図的に出す方法があれば、あなたは知りたくないですか?
 
 
今回はそのウチの3つをご紹介します。
 

 

とにかく笑う!

o0650040020130429waraiyoga_1-thumb-650x400-57541

楽しくなる。
 
 
高揚感を得るのに、人としてまず与えられた行為と言えば笑うことに尽きます。
 
 
笑う方法と言えば本当にいくらでも思い浮かびますよね。
 
 
お笑い番組を見る。
 
 
落語の寄席を見る。
 
 
Googleで画像を検索してみる。
 
 
ギャグマンガを読む。
 
 
コメディ映画やドラマを見る。
 
 
とにかく笑うことに難しいことは何一つありません。
 
 
笑う機会を意図的に増やしましょう。
 
 
意外と難しいのは、笑いは待っていても中々やってこなかったりするところです。
 
 
自分から笑いを求め、笑いに触れる努力をしましょう。

スポンサードリンク



 

好きな音楽を聞く

音楽を聴く女性

自分がいいと思う曲、好きな曲というのは人それぞれ違うものです。
 
 
ここで聞きたいのは、みんなも聴いてるアノ曲ではなく自分がホントにいいと思う曲です。
 
 
小さな頃から耳に残っている曲。
 
 
何故かいつも聞いてしまう曲。
 
 
ドーパミンが発生するのはそんな曲を聴いている時です。
 
 
曲を聴いている自分の状態を素直に感じて気持ち良くなってしまいましょう。
 

運動をする!

runing

ドーパミンが出るのは脳がリフレッシュされた時です。
 
 
運動して体を動かすことで脳内物質にも作用し、ドーパミンを分泌します。
 
 
運動不足の解消は単にダイエットをするだけでなく、連鎖的にあらゆる方面にプラスに働きます。
 
 
運動する時はただ体を動かすよりも、ドーパミンが出ているのをイメージしていくのがいいでしょう。

まとめ

いかがですか?
 
 
どれも簡単に実践できるのに意外とやらないものばかり。
 
 
やれば気持ちよくなって日常的に楽しい時間を過ごせます。
  
 
何せドーパミンが出るわけですからね。
  
 
意図的に意識して出すことを覚えていきましょう。
 

スポンサードリンク



 
スポンサードリンク



 

スポンサーリンク