スポンサーリンク

あなたはプラシーボ効果ってご存知ですか?
 
 
これは人間の心理的作用のことを言うんですが、これさえ応用するればビジネスにも人間関係にも、果てはダイエットにも絶大な効果を発揮します。
 
 
聞いたことないなーって人も一度は経験があるんじゃないでしょうか。
 
 
覚えていませんか?子供の頃よく親に渡された〇〇。
 

 

ラムネと知らずに渡されたクスリ

 
59a6aebeb94b91ecf96a2cfb900f1aba
 
僕はちっちゃい頃すぐにお腹をこわす貧弱少年でした。
 
 
特に入学式の時や、始めて習い事に行く日など、何かイベントごとが何かある度にトイレから出られずにいたのを今でも覚えています。
 
 
そんなひ弱な僕を見かねて母から渡されたもの、それは、
 
 
『魔法のお菓子』
 
 
母はこう僕に言いました、『このお菓子は食べるとお腹が痛いのがなくなるんだよ。』と。
 
 
そう言って、渡してきたのは・・・
 
 
ラムネのお菓子!?
 
 
『これはラムネ?じゃあないの??』
 
 
「これってラムネだよね!」と、僕が言うのを制するように母は言いました。
 
 
『これは魔法のお菓子だよ!』と。
 
 
かくして、その魔法のお菓子を食べた僕は、立ち所に腹痛が治ってしまったのでした。
 

恐るべき信じる力!?

 
925b3839
 
このように実際に薬を飲んだわけではないのに、薬だと信じ込むことによって薬と同じ効果を発揮することがある、これをプラシーボ効果といいます。
 
 
この効果は実際の医療の現場でも実証されており、外科手術が必要な患者に、麻酔で眠らせて手術を行ったよう見せかけただけで、実際に行ったのと同じ結果が得られた例もあるそうです。
 
 
鍼灸治療などでも同様の例があったりするみたいですが、個人差や症状によっても違いはあるそうです。
 
 
驚きなのは製薬会社でも、実際に薬の効果を確定するためにはプラシーボ効果の作用を差し引かなければ結果が出ないので、検証を行うのだそうです。
 
 
侮りがたし、プラシーボ効果。
 

なぜ起きる?プラシーボ効果

 
 
687474703a2f2f6c697665646f6f722e626c6f67696d672e6a702f6b617261706169615f7a61656567612f696d67732f652f652f65656139313134642e6a7067
 
そもそもプラシーボ効果というのは、意識活動を司る脳の影響です。
 
 
脳にはエンドルフィンやドーパミンなど、たくさんの脳内物質がありますが、それらを発生させるには認識作用が必要になります。
 
 
例えば、『痛み止めの薬を飲んだ』
 
 
この認識を脳が持つこと自体が、それにちなんだ脳内物質を発生させるスイッチになるわけです。
 
 
なので、実際に飲んでいなくても脳がそう認識さえしてしまえば、それと同じ効果が発揮されてしまうんですね。
 
 
これは医学的にも立証されています。
 
 
『病は気から』も納得してしまう作用ですよね。
 

応用できる超脳力

 
 
psychological-effect1
 
この効果は各分野で応用ができます。
 
 
仕事や趣味、スポーツや人間関係まで、今まで『出来ない。出来ない。』と思っていたことを、脳に直接『出来る。』と認識させること。
 
 
そう、今回は究極のダイエットでしたね(笑)
 
 
ダイエットしたいあなたは今まで色んなダイエットに挑戦してきたはずですが、どれもあまり効果が得られなかった、性懲りもなくまた新たな手法に取り組もうとしてますね?
 
 
どうですか?
 
 
いいんです!ただ今回は、『どうせダメだろ、気休め気休め』なんて考えるのはやめて、『これだけやってるんだから絶対に痩せるはずだ!』と考えるようにしてください。
 
 
きっと結果は変わってきますよ。
 
 
ただし、プラシーボ効果は何もしない状態で効果は発揮されないので注意してくださいね。
 
diet-001
 

 
 
 
 
 

スポンサーリンク