スポンサーリンク

継続すること、それは全ての物事を形作るのに不可欠なこと。
ただ、目的は継続することではない、
ただただ、それをやること。

とは言え、それが習慣になるまでは、それを実感することも出来ないのもまた事実。

よく言うだろう、
『何故その山を登るのか?』
と問われたら。

その答えはただ一つ、そこに山があるからだと。

我々中年は、すでにそういう境地に立つ時期に来ている。

『何故筋トレをするのか?』

を、今一度自分自身に問うてみよう。

そこに継続するためのヒントが隠れている。

今回は、あなたが日々筋トレを継続するために、必要なこと
をまとめてみた。

『筋トレを続けるとどんないいことが起きるのか?』

それについては、こちらの記事を参考にしていただくとして、

男は黙ってアンチエイジングに筋トレ!?その3つの理由とは?

今回はそれを継続させる方法にフォーカスしてみることにした。

尚、継続させる方法については、筋トレに限らず、
どんなことにも応用は効くので是非あなたの日々の出来事に役に立てて欲しい。

継続することの意義


『そこに山があるから』

とは、エベレストに初登頂した、登山家ジョージ・マロリーの言葉だが、
この真意にたどり着くには、極める意志が必要だと私は見ている。

ま、言葉の雰囲気がそんな感じだってのもあるが、そもそも例えば登山に於いて、

『明日はメンドイから山登るのはやめだ』

という程度の意識で極めるなど言語道断だろう。

それは、どんな道に於いても同じことが言える。

ただ、誰もが何かに感動し、それを自分で体得したり、達成したいと考えた時、
そこには必ず初めの一歩が存在し、それを続けていくことの苦しみを味わうことは、
避けることは出来ない
だろう。

それを苦しみとするか、快感とするか、楽しみとするかは、
本人の意識次第だが、もう一つ不可欠なのは、

継続すること

である。

極めるというのを決めたあなたが、そこにたどり着く方法の、
唯一の方法が継続だ
と言っても過言ではない。

継続できれば全てが変わる?


思えば、あなたにも継続できなかった過去は腐る程あるのではないだろうか?

小学生の頃のラジヲ体操に始まり。中学校でのマラソンや勉強。
高校へ行けば、塾通い。
社会人に至っては、仕事後のスキルアップや資格試験の勉強。
ダイエットなども続かない典型だろう。

もしこれらのことが、全て継続できていれば、あなたの人生はどうなっていただろうか?

おそらく、今頃何段階か上のカテゴリーの人生を歩んでいるに違いない。

だが、それは決して不可能ではない。
(今からさすがにラジヲ体操は不可能だが・・・)

あなたの周りにいなかっただろうか、何故かどんなことでも、
一度やり始めたらずっと続けていけるような人間が。

おそらく、彼らも同じ方法で、継続させるための行動を実践しているはずだ。

そして、それは誰もが気がついていないだけで、
簡単にモノにすることが出来る。

楽しむことが継続の鍵?


あなたが、過去に一度でも何かが続いていた経験があれば、
思い出してみてほしい。

その時、何とはなく、それをすることが楽しくて、それがいつの間にか、
習慣になり、いつしか当たり前になっていく
こんな流れを体感しているのではないだろうか?

そう、継続の鍵になるのは楽しむこと

楽しむと言っても、それは継続のエンジンが起動してしまえば、
後はその感情如何にかかわらず、オートマチックに続けていくだけ

それが当たり前の境地にまで仕上げてしまうということだ。

例えばあなたが資格の取得を目的としているとしよう。

資格の取得には、必要な勉強などある程度やるべきことはわかっているとしたら、
後はそれを続けていくだけだ。

毎日毎日、その資格を取るのに必要な勉強をひたすら繰り返すだけ。

しかし、ただ漠然とこれをやり続けるのは非常に困難だ。

そこで、必要なのが、

達成感

これが『楽しさ』の源でもある。

大きな目標をひたすら目指して、やり続けるのは、
マラソンで目隠しをしてゴールを目指すようなものだ。

マラソン一つするにしても、小さな目標、
『次はあの電柱まで、その次はその先のコンビニまで』
と、少しずつ行ける範囲を伸ばして、最終目標にまで近づいていく。

そうやって、達成感を積み重ねることによって、
継続させていくことが容易になる。

手に届く目標


小学生くらいの子であれば、わかりやすい例がたくさんある。

書道を始めて半年経つウチの子は、今6級になる。

毎月週一ペースで、集中して通ううちに、ひと月かふた月ペースで、
昇級している。

やればやるほど、<u>昇級できるのを実感しているから続けられる</u>のだ。
(字が上達したかどうかは、取り敢えず置いておいて)

これが、半年経っても10級のままだったら、ましてや集中力のないウチの子なんかは、
きっと継続することは出来ないだろう。

大事なのは目標の細分化

最終的な目標までの心理的距離を少しでも縮めることが重要なのだ。

今でも活躍中のメジャーリーガーのイチロー選手は、
これを体現する生き証人で、こんな言葉を言っている。

『ここまで来て思うのはまず手の届く目標を立てひとつひとつクリアしていけば、
最初は手が届かないと思っていた目標にもやがて手が届くようになるということ
ですね。』

『夢や目標を達成するには1つしか方法がない。小さなことを積み重ねること。』

『なにかを長期間成し遂げるためには考えや行動を一貫させる必要がある。』

彼のその前人未到の記録が、継続力の大事さを物語っていることは、
言うまでもない。

まとめ

いかがだろうか。

あなたは、今回の記事を読んで筋トレを続け、モテ男になる覚悟は出来ただろうか?

もう一度言うが大事なのは目標の細分化。

出来ないことをなるべくしないことが、
誰にも出来ないことを成し遂げる唯一の方法なのだ。

では、健闘を祈る。

スポンサーリンク