スポンサーリンク

今日も僕は夜勤へ出かける前にこの記事を書いてます。いい感じの疲労感が来ております。

また、このあとは睡魔との戦い・・・。

それはさておき、あなたは承認欲求って知ってますか?

ま、普通はあまり知らないと思いますが。実はこれ人類みんなが持ってます。

簡単に言えば人類みなカマチョ(誰かに構って欲しい)だってことです。

心当たりあるでしょ~。結構これで落ち込んだりもしますもんね。みんなイッショ!

でも、これをコントロールする方法があったら知りたくないですか?

今日はそんな、カマチョなあなたに、誰かに認めて欲しいという承認欲求をコントロールする方法について考えてみたいと思います。

カマーチョ
{コチラは中国やスペイン代表監督を歴任したホセ・カマーチョ。ちなみに、ユーロ2016に彼の名はありませんでした・・・無念}

承認欲求とは?

承認欲求っていうのは誰もが持っている感情です。

人から認められたい!』とか『いつも自分のことを気にかけて欲しい』っていうのもこの承認欲求からくるものです。

これは、僕らがおぎゃ~と生まれた時から持っているもので、記憶にはないでしょうけど赤ちゃんの時から発揮されています。

ほら、赤ちゃんって何か出来たりすると、『うわぁ、タッチ出来たぁ、えらいねぇ~』とか『こんなにたくさん食べれたねぇ、すごいねぇ~』とかって褒められたりしますよね。

赤ちゃんも、自分を褒めて欲しくてがんばってるんです。

けれど、大人になってこれが満たされていない人って多いんですよね。

僕もそう感じる時、結構あります。特に、人と関わる場面で。

職場では、仕事っぷりに対する評価や、男女間での評価、自分のことが話題にもなってないと、何か寂しいというか、何とも言えない虚無感を感じたりしません?

そして、一日も終わり帰宅の途につく時にはなんだか満たされない思いで一杯になり、その日の充実感を得られぬままになってしまう。これってあんまりいい状況じゃなくないですか?

2種類ある承認欲求とマズローの欲求五段階説

マズロー

承認欲求って実は2種類あります。

それは、他者承認自己承認

先程の話で、職場で誰かに相手にされたい、とか、評価されたいとかいうのは他者承認で、『自分はもっと出来るはず』とか『自分自身に納得した』というのが自己承認です。

承認欲求ってそもそも小難しい言葉は、心理学者のマズローという人が唱えた五段階欲求説ってのからきています。

生理的欲求=食事・睡眠・性。
安全欲求=身の危険を回避する。
所属と愛の欲求=仲間が欲しい。
承認欲求=認められたい。
自己実現欲求=自分らしく生きたい。

あんまり聞きなれないかもしれませんが、欲求自体はこんな風に分類されているそうな。

スポンサードリンク



 

そして、承認欲求に関して言うと、他者承認よりも自己承認の方が、考え方のレベルとしては上位ですよ~とマズローは言っておられます。

言い方を変えれば、他者承認を得ようとするより自己承認の方を得る方が楽だよ~と言ってるんです。

これって、承認欲求で悩んでる人にとってはコントロールする方法としてはヒントになりそうな気がしませんか?

承認欲求をコントロールする唯一の方法!

コントロール

承認欲求自体は人間の欲求だから止めることはそもそも出来ません。

ただ、やっぱり人は色々な家庭環境や生活の中で育ち考え方が偏ってしまったり、行き過ぎてしまうもの。

承認欲求も満たされないのには理由があるでしょう。

ただ、そのままにしておくと僕も経験ありますが、劣等感や虚無感が現れて『自分ってダメなやつだな~』って落ち込んでしまいます。それを防ぎコントロールする方法は、『自己承認』つまり自分自身が自分を認めることです。

自己承認をするっていってもイメージは中々湧きにくいかもしれませんが、簡単に言えば、自分を褒めてやるってことです。

ちっちゃなことでいいんです。

『今日もいつもの時間に起きられた。オレってスゲー』『ちゃんと掃除が出来てワタシってえらいな』『今日も仕事が片付いた、お疲れさん。ボク』みたいな、些細なことでも自分を褒めてやってください。注:甘やかすんじゃないですよ!

褒めて褒めて褒めまくる!

あなた自身のことですから、完全自由にできますよね。

マズロー曰く、自己承認の方が、他者承認よりも上位にあるのは、自分から発せられた言葉の方がより自分に対してインパクトがあるという点からでもある、ということです。

これを、他者承認なんか気にならなくなるくらい続けてください。

こうすることが、あなた自身を承認欲求から開放しコントロールする方法です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

承認欲求ってコントロール出来ないと、心まで病んでしまうメンドくさい存在ですが、うまく今回の方法を利用すれば自信満々なあなたをも作り出せます。

充実した生活を送るためにも日々の生活で活かしてみてくださいね。

スポンサードリンク



 

スポンサードリンク



 

スポンサーリンク